<< 2013年夏のマーブルシュッドセールは7月19日(金)からだよぉ | main | ル・ソニアにかよっての感想2 >>

成田美名子「CIPHER」池野恋「ときめきトゥナイト」を久しぶりに読んだ

最近、DISCASで漫画を借りてます。 以前は「銀の匙」「夏のあらし!」とか「ツルモク独身寮」とか借りたんですが、「ときめきトゥナイト」が読みたくなって借りました。
私、子ども時代にリアルタイムで「ときめきトゥナイト読んでたんですが、蘭世&俊のシリーズとなるみ&鈴世のシリーズを読んでいて、途中でやめたんですよね。なので、なるみ&鈴世がどうなったのか、さらに、蘭世&俊のこども愛良のシリーズは全然読んでない!ということで読みなおしたんですけど、いやー、蘭世&俊はやっぱ最高だわ!真壁くんのツンデレ具合がもう今読んでも胸キュン。蘭世もかわいいな〜。まっすぐで。こんなふうに愛されたいわ〜って思いながら没頭してました。なにげに神谷曜子の旦那の力さんもいいですよね。一途でw(一回離婚してるけどw)。
なるみと鈴世はちょっとイマイチだったんですが(特に鈴世のキャラが(物語上)変わっちゃうあたりから)まぁまぁ許そう。
しかしですね、愛良シリーズがひどい。ひどいって言っちゃうと申し訳ないですけど、なんか魔女になっちゃったりの衣装が陳腐というか、魔法少女キャラになってて興ざめっつーか。しかも池野恋先生の画のタッチが急に変わりだすんですよ、最終巻に近づくあたりから。それがとても幼い感じというか悪い意味で今っぽくて残念。水上開陸(新庄彬水)のこじつけもぱねぇ。
まぁりぼん自体のターゲット層が低年齢化していたというのを読んでこの展開は納得かなって感じです。全巻通して読んでみると蘭世&俊がいいなっていう人が多いのもやっぱりお話がいい意味で懐かしくて純粋で乙女だからかもしれません。

CIPHERサイファ 全12巻完結セット(花とゆめCOMICS)

中古価格
¥900から
(2013/7/22 10:42時点)

「CIPHER」は確か読んだはずなのに、読み返したら全然覚えてなかった!といってもサイファとシヴァが双子なのに学校へは二人一役で通っていたという設定だけは覚えていたけど、アニスのこととか全然忘れてた!
アニスはいいな〜友達になりたいっていって、二人の懐にどんどん入り込んでいく感じが嫌味じゃなくて打算もなくて、羨ましい。私もアニスみたいになれたらいいのに!って思うけど、アニスも後半だいぶ女性らしくなって、切ない気持ちを抱えているところをみると女子はやっぱりこうやって相手の事を思うのよねなんてこれまた共感w。
サイファはさ、シヴァとのことが辛いからってLAに逃げるのはやっぱりよくないよね。連絡先も教えずにさ。私がアニスだったらアニスみたいに追いかけたいけど、諦めちゃうこともあると思う。サイファは華があるし、人気者だし。不安を払拭してくれる優しがやっぱり少しは必要だと思うのさ。
でもこういうときって得てして男は一方的に自分自身のことしか考えずに行動しちゃうのよね。あんなアニスでさえ、思わずシヴァに抱いて欲しいってそれで忘れるって行動にでちゃうくらいだもの(未遂に終わったけど)。
シヴァもディーナのことは辛かっただろうけど、兄弟なんだからなかよくせー!って思うわ。あんたたちのせいで周りはふりまわされっぱなしなのよ!っていいたいwでも憎めない魅力的な兄弟だよね。誰かを思い出しながら読んでました。
2013.07.22 Monday | 10:46 | comments(0) | trackbacks(0) | 日記 |