裏パイルのプルオーバー

初ニット系素材。
ニット系の素材は伸縮性があるので家庭用ミシンは向かないんですよね。
なので、いろいろあらかじめ家庭用ミシンでつくるニットの本を購入して、下調べしました。
そして、今回はその本に書いている服ではなくて、型紙と布地がセットになっているものを購入してつくってみました。
別に本に掲載しているものを作っても全然良かったんですけど、セットになっているニット服の胸ポケットが可愛いなぁと思って購入していたものがあったのでまずはそれで挑戦。
セットのものは家庭用ミシンではなくロックミシンで作る前提になっていたので、そこで家庭用ミシンで作るニットの本に書いてあるコツを参照することに。
そこには「縫い代は1センチ多めに」「接着テープを使って仮止めしてからミシン」ということがかいてありました。
そうなのです。ニット地は切り口がくるくるとまるまってしまったり、伸縮性があるので縫いにくいのです。
なので、「アサヒ/ダイナックテープ/両面熱融着テープ/6mm 」を使って仮止めの鬼と化していたるところを接着テープで仮止めしてから縫いました。
で、思ったこと。
これはニットにかぎらず通常の場合も役立つなぁと。
たいていミシンするときでも縫い合わせの前に仮縫いをしてから縫ったりすることがありますが、これはアイロンで接着できるのでその仮縫いの必要がないのです。
とても便利。
これはソーイングに欠かせないわ〜、と思いました。
もちろん縫い合わせてから縫い代を左右に割るという作業があるものは使えないですが、縫い合わせるだけならこれは便利です。
そして製作時間8時間くらいでようやく完成。
お手本は右図のような感じなんですが、出来上がったのは下のような感じです。
布地がそもそもちょっと違うのでイメージが違いますが、形は同じです。
袖口のギャザーが比較的いつもよりきれいにできたのでよかった。ギャザー寄せるのはニットのほうがやりやすい気がします。
ただ、裾の始末がさきにジグザグミシンをかけずに縫ってしまったのでほつれてきちゃうかも・・・しかも家庭用ミシンなので伸縮性がなく裾が妙にびろびろになってしまいました・・・。伸び止めのテープをココでつかわないといけなかったのかしら・・・。
いろいろ細かいところに課題の残る作品となりました。
ただ、ニット系の作品を作り上げたことは自分にとってとても勉強になったし、楽しかったです。
ほかにもニット系の素材をいろいろ購入して溜め込んでいるのでこの型紙も再利用しつつ他の型紙でもつくりたいなぁと思っているこのごろです。
2012.10.29 Monday | 10:25 | comments(0) | trackbacks(0) | 手作りアイテム | 

直線縫いワンピースとカーディガン・ボレロ

ワンピースをつくってみました。
といっても直線縫いだけでほとんど済むような簡単な貫頭衣型のワンピース。
だけど、今そういうワンピースでも結構着てても違和感ない風潮なのでちょうどいいやと思って、実際に着ています。
布はユザワヤで購入したもの。
大きくチェックの模様が入っています。
こういう手作りワンピースは形がシンプルゆえ、布地のセレクトを誤るといかにも手作りって感じがでてしまうので布のセレクトは慎重に行いました。
この布地は結構質感がよく、余り布も結構でたので今度はカバンを作ってみようかなと思っているところです。
ちなみにこのワンピースは型紙から布を裁断し、縫製し終わるまで4,5時間程度かかったかと思います。
1日で完成したので意外と楽な方だった。
夏につくったワンピースは結構時間かかったのでそれに比べたら全然早いです。そしてこちらはもっと簡単なカーディガン・ボレロです。
こちらは布をちょっと縫い合わせただけでできるタイプのもの。
最近はこういう形のボレロも多く出回っているので違和感はありません。会社にも着て行っています。
ただ、この布地のドットの色味が今更ながらあまり好きではないということもあって活躍までにはいたっていません。
もう少し好きな布地だともっと着てるかもなぁ。
布地自体は好きでも服にするとちょっと違う・・・ってことは非常に多いのでそういうセレクトは難しいなぁとこのごろよく思います。
あと、まだまだ手が遅いので早く丁寧にミシンを扱えるようになれたらいいなぁと思うこのごろ。
あと、ニット系の布地だと家庭用ミシンでは縫えない(家庭用ミシンでは糸の伸縮性がだせない縫い方だから)ので結構たいへんみたいなのですが、おかまいなしにこのまえニット系の裏パイルの布地を購入してしまったのでそれでなんとかプルオーバーをつくりたいなぁと思っています。
 


2012.10.23 Tuesday | 14:09 | comments(0) | trackbacks(0) | 手作りアイテム | 

着物地でつくった鞄と手ぬぐいで作ったバッグインバッグ


かなり以前にヤフオクで購入した着物の端切れ。模様がとても素敵だったのですが使う機会がなく放置しておりました。先日その生地の存在を忘れていた時に家の布地の在庫を調べていたらこれがポロっと出て参りまして、さっそくカバンを作ってみました。
この模様は出そうと思ってうまくだしたわけじゃなくて実は偶然です。表と裏で綺麗にでたので満足です。布を裁断しているときはなんとなくでしか考えてなかったのでw
接着芯が着物の布に張り付いた時に接着剤的なものが染みたような感じになってしまったのが気になりますが、バッグインバッグなどを以前に作っていたおかけで比較的簡単にできました。
ただ、持ち手の革の部分はかなり苦労しました・・・。ミシンで革を縫えばよかったんですが、一度ミシンで穴を開けてそれに手針で縫い合わせたのでもち手の部分だけで3時間くらいかかってしまいました。だというのにもう既にとれかかってます(涙)
本当は2wayにしたかったんですが、ちょうどいい革と金具がなく、しかも途中から2wayにしたいと思ったので手遅れでした。次回は2wayにしたいなぁ。
さてこちらは2回目のバッグインバッグです。
今回も手ぬぐいでつくってみました。
京都に行った際に購入した猫の模様です。
この猫、現代の猫じゃなくて江戸時代の猫のイラストです。だというのに洒落っ気があってとても可愛いですよね。
前回接着芯を使わずにつくったら布地がくたくたになってしまったので今回は接着芯を使って丁寧につくってみたところとても綺麗な出来になりました。
当初は母にあげようと思っていたのですが、うまくできたこともあって結局母には別の布地で作ったバッグインバッグをあげました。
ただ、なんとなくもったいなくてまだ使ってません。くたくたの前回のバッグインバッグの模様が好きなので今もまだそちらを使っています。
それにしても手ぬぐいのサイズがあればできるっていうのは便利ですね。
レシピには別に手ぬぐいサイズとは書いてないのですが、手ぬぐいが余り布くらいのサイズだったのでちょうどよかったのでした。
手ぬぐいの模様でかわいいのがたくさんあるけど、あとはブックカバーとかティッシュケースとかそれくらいしかつくれないかなー。子どもの服とかなら作れるみたいですが(本屋で見かけた)私は子どもがいないのでいまいち作る気になれず。
今はまだ自分で使う小物を作ってみたい感じです。
慣れたら友だちの子どもの服とかもつくってあげたいけど・・・。
まだまだ修業が必要です。
 
2012.10.23 Tuesday | 10:45 | comments(0) | trackbacks(0) | 手作りアイテム | 

手ぬぐいでつくったバッグインバッグ

このまえ買った手ぬぐいの柄がとてもかわいくて手ぬぐいのままにしておくのはもったいないと思っていたところ、ちょうど以前買っていたあまり布で作る小物というようなテーマの本に手ぬぐいサイズで作れるバッグインバッグのレシピがあり、半日で作ってみました。
手ぬぐいは糊でぱりっとしているもののつかっているとふにゃふにゃになってくるので、これも作り上げた段階ですでにふにゃふにゃになってしまいました。接着芯をつけてつくるべきでした・・・。(次回は接着芯をつけて作ろうと思っています)
これは見た目より作り方もとても簡単なので、こつさえ覚えれば量産できそうな感じです。この写真ではわかりにくいですが、ちゃんと口の部分はジッパーがついています。
ミシンで作る時にジッパー用の押さえでつくらないといけないのをわすれており、ちょっと手こずりました。しかも元の押さえに戻す時に、あれ?この横のネジってこんな宙ぶらりんだったっけ・・・?(汗)みたいな状況になってしまい、そのあとからミシンの縫い目がまっすぐになりにくい気がして、焦っております。

ちなみに、あまり布でコサージュをつくってみたのですが、ほつれ糸が結構すごいので髪飾りとかにしてみたら髪の毛に糸くずがたくさん付きそうな気もします。まだ髪の毛くくるゴムはつけてないけど、どうしようかな。・・・髪飾りには少し大きいかもしれません。

というわけで、最近手芸屋さんで布をちょくちょく買ってます。まとめてつくる時間があればいいのにな。この連休は帰省して結局以前買ったワンピース用の布地を型紙にそって裁断することしかできなかったのです。要領が悪いので、なかなかたくさんの作品を作れないジレンマに鬱々とする日々。
そもそも数年前にミシンを夫に買ってもらって以来時々ミシンを押し入れから取り出しては小さなものをつくっているのですが、ぶきっちょなのでなかなか上達しません。

ところが昨日、フェリシモでマイミシンレッスンみたいな材料とレシピが毎月届くコースがあるのを発見し、それを申し込んでみようかなと思っています。
人様に差し上げるような作品はまだまだつくれないですが、糸の始末とか縫い方とかのコツがわかれば、もう少しマシな作品もつくれるかもしれません。
2012.09.17 Monday | 11:12 | comments(0) | trackbacks(0) | 手作りアイテム | 

のれんと布地。

手作りというカテゴリに入れるほどではないですが、この前フェリシモで布地が売っていたので購入してみました。
その布地で何を作ろうかな~と思っていたのですが、ちょうどのれんが欲しいな~と思っていたのでささっとつくってみました。
宅配便の方が来るといつもリビングが丸見えになっちゃうのをこれで見えないようにしちゃう。
まっすぐに縫うだけなので、何も凝るところがありません。

フェリシモでは他にも布地を購入しました。
それがこの下の写真の一番左端の布地。
鳥とか草花とかがモチーフになっていて、とてもかわいいのですが、服を作れるほどの長さもなく、カバンを作るのにちょうどいいかな、と思っています。
ただ、どんなカバンにしようかな、と考えたまま未だに何も作ってません。
他の布地も何か作れそうかなと思ってユザワヤでガンガン購入してみたはいいものの、それから特に何も作らず・・・。
ポーチでも作ろうかな、とかブックカバー作ろうかなとか思ってはいるんですけどね・・・。
一番右の布地はレトロな感じで可愛いのですが、これでブックカバー作ったら目立つかな。
シンプルなポーチやバッグではなくて、もっとバリエーションのあるものを作ってみたいとも思いますが、布地の模様がすでにごちゃごちゃしているので、こういうときはむしろシンプルな方がいいのか・・・!
あ、そうそう。
この布地を置いているのはダイニングテーブルなのですが、このテーブルに掛けている布地もユザワヤで購入しました。
マリメッコ的な可愛さですよね。この布地めちゃくちゃかわいいのですが、その当時見かけて以降、お見かけしません。
この布地だったら今ならワンピースをつくってみたいな〜。
2012.08.26 Sunday | 16:33 | comments(0) | trackbacks(0) | 手作りアイテム | 

 | 1 / 1 PAGES |